ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ピアッシングのリスクとトラブル

意外と多いピアストラブル

現代ではピアスは身近なファッションアイテムとして、多くの人がもちいています。20代女性の約50パーセントが、実際に耳に穴をあけているともいわれています。

耳に穴をあけることをピアッシングと呼んでいますが、大きなトラブルもなくお気に入りのピアスを付けてファッションを楽しめる人も多くいる半面、ピアッシングをしたことで様々なトラブルや症状に悩まされている人も多く見られます。ピアッシングを行う前に考えられるリスクや症状、トラブルについて把握しておく必要があるでしょう。

<トラブル1>ピアスホールの細菌感染


ピアッシングをすることで起こりえるリスクとして、まず第一に挙げられることが穴の細菌感染です。主に傷口などから細菌が体内に侵入してトラブルがあらわれるものを細菌感染と呼んでいますが、ピアスのトラブルでは穴の周辺の肉が赤くはれたり、白や黄色に濁った液体が出る、かゆみや痛みなどがあげられます。

これらはピアスをつけかえるときにできた傷などから発生したり、化膿した状態から完治していないのにピアスを入れてしまった、洗浄剤が残っていてそこに細菌が付着していたなどの原因が挙げられます。治療方法としては、皮膚科を受診し、飲み薬や塗り薬などで対処していくことになるでしょう。

<トラブル2>ピアスケロイド

ピアスの穴を残すことができるケースもあります。そして二つ目のリスクとして、ケロイドが挙げられます。ケロイドは傷の一種であり、主にやけどの時に残る症状と思っている人も多いことでしょう。赤くなったり硬くなったりした傷がケロイドであり、通常の傷とは異なり、自然に治ることはありません。

大きく皮膚は赤く盛り上がって硬くなったり、耳たぶの下中央あたりに赤い塊ができる、痛みやかゆみなどが具体的な症状です。耳たぶをもとからケロイドができやすい部位であり、体にケロイドがある場合には、ピアスの穴をあけると高い確率で出現します。

形成外科で対処することが多く、症状が小さいのであれば圧迫療法や注射で治療を行うことになります。耳たぶが変形するほどの大きさになってしまった場合には手術が必要となるでしょう。

<トラブル3>ピアスアテローム(良性皮膚腫瘍)

そして三つ目にはアテロームが挙げられます。アテロームとは良性腫瘍のことを指し、崩れた細胞からできた塊であり、皮下にできる特徴があります。いわゆるおできやできものなども良性腫瘍の一つとして挙げられています。

具体的な症状は、皮膚の表面に触れるとしこりがあるのがわかったり、少しずつ大きくなって化膿した後に皮膚を破くこともあります。アテロームそのものができる原因は不明で、耳たぶの裏やピアスの穴にできやすいという特徴を持っています。

炎症が出ているようであれば抗菌薬や鎮痛剤などを投与し、化膿しているのであれば膿を抜く措置が行われます。炎症や化膿がなくなったら手術で取り除きます。

<トラブル4>かぶれ、かゆみ・金属アレルギー

四つ目には金属アレルギーがあげられるでしょう。ピアスはほとんどが金属でできていますが、この金属が体内のタンパク質とむすびついた時にアレルギー物質化し、アレルギーを起こす症状です。代表的なものでいえばアレルギー性皮膚炎というとわかりやすいでしょう。

かゆみや炎症がおこり、いったんアレルギー反応が起こった場合には、ほかのアクセサリーでも症状が出やすくなります。ピアスの穴に傷があって、ピアスの金属部分が直接触れたり、汗などでピアスの金属部分がイオン化して体内に侵入することが原因とされています。皮膚や粘膜が炎症を起こしているのであればステロイド外用剤が処方されます。

消毒薬のかぶれは、市販のスプレー式消毒薬を使用した人によく起こります。
金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル、コバルト、クロームです。ステンレス合金や金メッキの下地などに使用されています。医療用ステンレスやニッケルフリーと表示されていないステンレス製品は避けた方が良いでしょう。また、金メッキも傷が付いたり、経年変化で劣化してくると下地のニッケルが露出してきますので、注意が必要です。
まれに、金やプラチナによってもアレルギーを起こす人がいます。金のアレルギーでは、かゆくなったりジクジクしたりしないで、硬いしこりを生じてくる場合があります。

引用元:かぶれ(消毒薬のかぶれ、金属アレルギー)


強いかゆみが出るのであれば抗アレルギー剤も処方されるでしょう。治療後は同じ素材のピアスは避ける必要があります。
これら以外にも様々なトラブルがあります。ピアッシングは自分でも行うことはできますが、万が一の場合を考えて、医療機関であけるのがお勧めです。

最終更新日

アレルギー , トラブル , ピアス , ピアッシング , ファッション , リスク , 症状 , 皮膚科 , 細菌感染

    名称品川美容外科
    詳細全国38院ある大手美容クリニックのピアスは費用がリーズナブルで1年保証付き、カウンセリング重視なのでおすすめです。
    ファーストピアス込みで開けられる所は他にないと思います。予約の電話は22時までOK。
    詳細
    施術ファーストピアス(耳ピアス)
    値段両耳(ピアス代込み)※1年保障付:4,840円※全て税別
    カウンセリング費用初診料:無料
    備考開院30年以上の歴史と実績のある美容クリニックです。
    ピアスのパッチテストは行っていないようなので、心配な方は皮膚科で検査してから行きましょう。
    所在地品川本院:港区港南2-5-3 オリックス品川ビル6F、他38院
      名称マグノリア皮膚科クリニック
      詳細ピアス症例数が年間2,000例以上という安定した技術力で、短時間、無痛(麻酔あり)にピアス穴開けが受けられます。国内トップレベルのピアス穴あけで、あらゆる部位のピアスの穴開けが可能です。
      詳細
      施術耳ピアス
      ボディピアス
      へそピアス
      軟骨ピアス
      舌・口ピアス
      鼻ピアス
      眉ピアス
      値段17,000円~22,000円、同日2カ所目から10,000円~15,000円(スタジオでピアス代金が別途かかります)
      ※全て税別
      カウンセリング費用初診料:3,000円
      再診料:2,000円
      ※全て税別
      備考ピアススタジオと連携しているのであらゆる部位のピアスの穴開けが可能です。ボディピアスには麻酔を使用するので無痛で受けられます。アレルギーやピアスのトラブルなど、アフターケアもしっかり指導しれくれるので安心です。
      所在地東京都渋谷区渋谷1-8-7第27SYビル5A
        名称渋谷美容外科クリニック
        詳細ピアスと脱毛やピアスとケミカルピーリング、ピアスとフォトトリートメントなどピアスとセットのメニューが豊富なので、気になる施術がある人はお得に受けられます。ピアスのみの料金に学生料金があるのも嬉しいです。
        詳細
        施術耳たぶピアス
        耳軟骨ピアス
        リング状ピアス
        インダストリアル専用
        トラガス専用
        値段耳たぶピアス:¥4,000、学割料金¥3,600(1カ所)
        耳軟骨ピアス:¥7,000、学割料金¥6,300(1カ所)
        リング状ピアス:¥12,000、学割料金¥10,800(1カ所)
        インダストリアル専用:¥15,000、学割料金¥13,500(1カ所)
        トラガス専用:¥8,000、学割料金¥7,200(1カ所)
        ※全て税別
        カウンセリング費用カウンセリング料:無料
        備考ドクタ-、スタッフさんの対応が親身で良いと評判のクリニックです。
        所在地東京都渋谷区渋谷1-14-9 藤和宮益坂ビル8・9F
        他、新宿、池袋、横浜、新橋